本イベントは終了しました。
ご来場ありがとうございました。

Embedded Technology 2015 組込み総合技術展

当社は、11月18日(水)~ 20日(金)に開催される、ET2015 組込み総合技術展に出展します。
今回の展示では、4つのカテゴリにて新製品を含む弊社製品と、それらを使用したデモンストレーションを交えて展示いたします。
※赤字は新製品です。

RZファミリ製品

AP-RZA-0A
NTSCカメラ入力の画像表示
AP-RZA-1A
αRPLによる開発
GEAL for RZ/A1H
GEAL for RZ/A1HによるGUI開発
AP-RZT-0A
EtherCATマスター/スレーブ間通信

RXファミリ製品

AP-RX63N-0A
ダイレクトドライブによる画像表示
AP-RX64M-0A
CMOSカメラ入力の画像処理
AP-RX71M-0A
CMOSカメラ入力画像の認識処理
RXマイコン開発キット
RX62Nを使用したI/Oボード動作開発

SuperHファミリ製品

AP-SH2A-6A
OpenVGによる画像表示
AP-SH4A-4A
グラフィックコントローラを使用した画像表示
各種拡張製品
アダプタ/モジュール製品の紹介
XrossFinderEvo
XrossFinderEvoによるデバッグ動作
XrossFinderEvo
XrossFinderEvoによるスタンドアロン書込み

TI Arm/Intel® SoC製品

XG-3358
OpenCVによる顔認識処理
SA-Cy500S
CMOSカメラ画像の高速転送表示

ET2015概要

展示会名
ET2015 - Embedded Technology 2015 / 組込み総合技術展
会期

2015年11月18日(水曜日)~11月20日(金曜日)
10時~17時 ※19日(木曜日)は18:00まで

会場
パシフィコ横浜(地図
主催
一般社団法人 組込みシステム技術協会

ブースのご案内

ブース番号:E-19  会場MAP

ET/IoT Technology フェスタ参加出展

11月19日(木曜日)17:00~18:00に同展示会場にて開催されるET/IoT Technology フェスタにも参加出展します。
アルファプロジェクトでは、本年も地元、静岡県産の美味しいお酒と 静岡名産のおつまみをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。営業・技術スタッフ一同、ご来場の皆様と楽しく交流できますことを楽しみにしておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

展示内容

RZファミリ製品

AP-RZA-0A NTSCカメラ入力の画像表示

デモンストレーション内容

AP-RZA-0Aに接続されたNTSCカメラからの入力画像をLCDに表示
タッチパネルからの指示操作で拡大縮小や輝度調整の画像処理を行います。

AP-RZA-1A αRPLによる開発

新製品

AP-RZA-1Aはルネサス エレクトロニクス社製CPU「RZ/A1H」を搭載したCPUボードで、小型・低価格を実現しました。
CMOSカメラインタフェースを搭載しておりVS-CAM-01を接続することで簡単に画像入力を得ることができます。

デモンストレーション内容

αRPLを使用したプロトタイピング開発の実例を紹介

GEAL for RZ/A1HによるGUI開発

デモンストレーション内容

GEALを使ったGUI統合開発環境の実例を紹介

AP-RZT-0A EtherCATマスター/スレーブ間通信

新製品

AP-RZT-0Aはルネサス エレクトロニクス社製CPU「RZ/T1」を搭載したCPUボードです。
RZ/T1は、Cortex-R4Fを採用し、最大600MHzの動作クロックで高速リアルタイム処理を実現することができます。産業イーサネット通信アクセラレータ「R-INエンジン」を搭載し、各種イーサネットにも対応することができます。

デモンストレーション内容

EtherCAT通信を利用し、マスター側からスレーブ側へ指令を送り、スレーブ側のI/Oを制御します。

RXファミリ製品

AP-RX63N-0A ダイレクトドライブによる画像表示

デモンストレーション内容

LCDダイレクトドライブ機能を使った画像表示とマルチタッチ操作が確認できます。

AP-RX64M-0A CMOSカメラ入力の画像処理

デモンストレーション内容

CMOSカメラからのデータをRX64Mで処理し、通常画像、2値化した画像を交互に表示

AP-RX71M-0A CMOSカメラ入力画像の認識処理

新製品

AP-RX71M-0Aはルネサス エレクトロニクス社製CPU「RX71M」を搭載したCPUボードです。
RX71Mは最大240MHzで動作し、ノーウェイトアクセス可能な4MByteの大容量フラッシュを搭載しています。豊富なインタフェースを備えており、さまざまな用途にご利用いただけます。

デモンストレーション内容

流れてくる基板を自動認識し、基板の合否判定処理をおこないます。

RXマイコン開発キット RX62Nを使用したI/Oボード動作開発

デモンストレーション内容

RXマイコン開発キットを使用して開発されたI/Oボードを紹介します。

SuperHファミリ製品

AP-SH2A-6A OpenVGによる画像表示

デモンストレーション内容

SH7269 内蔵のOpenVG グラフィックアクセラレータを利用して、
画像データの拡大・縮小・移動・回転・透過処理を高速に実現

AP-SH4A-4A グラフィックコントローラを使用した画像表示

デモンストレーション内容

SH7734内蔵グラフィックアクセラレータを利用した、マルチタッチ対応の画像表示。
表示中の画像をマルチタッチ操作にて拡大縮小できます。

各種拡張アダプタ/モジュール製品の紹介

RS-232ドライバから無線通信やLCDパネルまで、
様々なアルファボードシリーズ用拡張アダプタとモジュールを紹介します。

XrossFinderEvoによるデバッグ動作

XrossFinderEvoによるスタンドアロン書込み

デモンストレーション内容

XrossFinderEvoを使用したデバッグとフラッシュ書き込み環境を紹介します。

TI Arm/Intel® SoC製品

XG-3358 OpenCVによる顔認識処理

デモンストレーション内容

XG-3358に接続したカメラからの入力画像をOpenCVで画像認識処理。カメラに移った人物の顔を認識しマークを付ける処理のほか、輪郭抽出などの処理をおこないます。

SA-Cy500S CMOSカメラ画像の高速転送表示

新製品

SA-Cy500SはCyclone® V SoCを搭載した小型ボードコンピュータです。
Cyclone V SoCはArm Cortex-A9をCPUコアとしたHPSとFPGAファブリックを統合したSoCでマイクロプロセッサの機能に加え、汎用性のあるFPGAの機能により様々なアプリケーションで使用することができます。

デモンストレーション内容

CMOSカメラから取得したデータをFPGA内で処理し、HPS側からGigabit Ethernet経由で転送。

本件に関するお問い合わせ

展示会前のお問い合わせは「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

展示会場では弊社説明員が常駐しておりますので、お気軽にお問い合わせください。