ルネサス エレクトロニクス株式会社製SuperH マイコンSH-2/2A/3/4/4Aに対応した、多機能・高性能・次世代JTAG デバッガ「XrossFinder Evo」

デモ機貸出しのご案内

特長

XrossFinder Evoは、ルネサスSuperHファミリに対応したマルチファンクションJTAGデバッガライタです。高速ダウンロード、組込みLinuxのデバッグ機能など、大規模、複雑化するソフトウェアのデバッグにも余裕で対応します。またPC不要のフラッシュメモリ書込み機能、カラー有機ELディスプレイの採用などの最新機能を、常識を超えたコストパフォーマンスで提供します。

デバッグソフトウェア「XsSight(エクスサイト)」(別売)と組み合わせることでオンボードデバッグが可能となります。PCよりユーザープログラムをダウンロードし、デバッグを行ないます。

充実したデバッグ環境

高速ダウンロード

高速ダウンロード

USB2.0High-Speedに対応し従来機の3倍(当社比)の高速ダウンロードを実現。無駄な待ち時間を短縮することでデバッグ効率が大幅に向上します。

ネットワーク対応

標準でLANポートを装備。ネットワークに対応しているから場所にとらわれないリモート操作が可能で、さまざまなデバッグ環境でご利用いただくことができます。

接続例

組込みLinux対応

組込みLinuxのカーネルや様々なアプリケーションのデバッグに対応しています。

組込みLinuxのデバッグはLinuxデバッグオプション(別売)が必要になります。Linux のデバッグには一部制限事項があります。
詳細はXsSight Linuxアプリケーションデバッグ説明書を参照してください。

Linux

製造現場やフィールドでも使える便利な機能

フラッシュメモリ書込み対応

フラッシュ書込みソフトウェア「FlashWriter EX」(別売)と組み合わせることによって、ユーザープログラムを、ボード上のフラッシュメモリ(1,000種以上の各社フラッシュメモリに対応)とルネサスフラッシュマイコンへ書き込むことができます。

FlashWriter EXのユーザー様へ
XrossFinder Evoと組み合わせてご使用いただくにはVer3.00以上のFlashWriter EXが必要です。
バージョンアップはFlashWriter EXのダウンロードから可能です。

接続例 FlashWriter EXイメージ

スタンドアロン機能搭載

XrossFinder Evoは、SDカードスロットを搭載しています。
フラッシュメモリに書込むファイルの入ったSDカードをXrossFinder Evoに挿入すれば、PCと接続しなくても本体の簡単な操作のみで、フラッシュメモリ書込みが可能です。

PCが不要ですので、使用場所を選ばず、製造現場やメンテナンス環境での使用にも適しています。
本体の操作を USBテンキーですることができます。

接続例

書込み手順

  1. FlashWriter EXを使用して、書込みファイルを生成
  2. 書込みファイルをSDカードに保存し、XrossFinder Evoに挿入
  3. 有機ELディスプレイを見ながらの簡単操作で、書き込みを実行

フラッシュ書込み以外にも、RAMへのプログラム転送機能等を備えており、様々なシーンで活用いただけます。

ディスプレイ搭載

ディスプレイに「カラー有機ELディスプレイ」を採用しました。これにより視認性が確保され、製造ラインなど、さまざまな場所で利用できます。また、GUIスタイルのメニューを採用しているので誰でも簡単に操作することができます。

ディスプレイイメージ

仕様

ディスプレイ カラー有機EL 160×128dot
デバッグインタフェース H-UDI 14pin
外部ストレージ SDカード
PCインタフェース USB2.0 High-Speed Ethernet、10/100BASE-T
重量 約160g
電源 USB バスパワーにて供給
(USB 接続しない場合には DC ジャックより DC+5V を供給)
消費電流 Typ 約350mA
寸法 W120×D80×H30mm(コネクタ、突起物を除く)
使用環境 0~40℃(結露なきこと)
付属品 XrossFinder Evo本体、接続ケーブル(H-UDIケーブル、USBケーブル、EXT-TRG/RESET-OUT)、ACアダプタ、CD-ROM
対応OS Windows® XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 (32bit/64bit)

ダウンロード

ご注意ご使用の前にご確認ください。

  1. 弊社Webサイトより取得可能なサンプルプログラムは無償で提供されるものであり、あくまで評価用途です。
    弊社がこの動作を保証するものではありません。サンプルプログラムを使用する場合、適切な環境でご使用ください。
  2. 弊社は、使用に起因する損害、第三者の権利を侵害に関し、いかなる責任も負いません。
    本プログラムの使用、若しくは機能から生じるすべての損害は、ご使用になるお客様の負担となります。
  3. サンプルプログラムの仕様変更およびその他いかなる理由においても、弊社は、サンプルプログラムの誤り、機能不全または欠陥を修正する義務を負いません。
  4. サンプルプログラムに関するお問い合わせは、お受けできません。
    ただし機能不全等があった場合には、【メールフォーム】よりご一報ください。可能な範囲でご回答します。
  5. ご使用の前に必ず、【サンプルプログラム使用規約】への同意をお願いします。
    本規約に同意されない限り、プログラムを使用することはできません。
マニュアル・ドキュメント バージョン 更新日
XrossFinder Evo 取扱説明書 5.0 2016/03/15
AN802 H-UDIコネクタ接続例 2.4 2016/01/07
サポートサービス規定 - -

自社サイト資料

XrossFinder Evo バージョン 更新日
XrossFinder Evo ファームウェア 2.0.0.7 2016/07/04
XrossFinder Evo USBデバイスドライバ(Windows® 7以降)

デジタル署名を更新しました。バージョンは2010/08/31と同じです。

2.0.0.0d 2016/03/15
XrossFinder Evo USBデバイスドライバ(Windows® XP/Vista)

デジタル署名を更新しました。バージョンは2010/08/31と同じです。

2.0.0.0d 2016/03/15
XrossFinder Evo USBドライバについて - -

ご購入

  • ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。