HOME >製品情報 >SuperH >開発支援ツール >XsSight
製品情報

XrossFinder Series Debugger Software XsSight

特長

「XsSight(エクスサイト)」はXrossFinder及びXrossFinder Evo専用のデバッガソフトウェアです。
XrossFinderまたはXrossFinder Evoと組合わせることによりオンボードデバッグが可能になります。PCよりユーザプログラムをダウンロードしデバッグを行ないます。XsSightの表示画面では必要な情報を一度に表示でき、直感的な操作が可能です。

  • SHC/C++、GNUC/C++クロスコンパイラに対応
  • SH-2、SH-3、SH-4に対応
  • ペリフェラルレジスタの表示、変更が可能
  • 分岐情報からプログラムの経路の確認が可能

基本機能

実行 実行/停止/ステップイン/ステップオーバ/ステップアウト/カーソル位置まで実行
停止時に実行時間表示(μsec単位)
ブレークポイント ソフトウェア・ブレークポイント:256点
ハードウェア・ブレークポイント:1〜9点(CPU依存)
リセット ソフトウェアCPUリセット
ハードウェアリセット(RESET-OUT端子出力)
外部トリガ EXT-TRG端子の信号によるユーザプログラムの停止

デバッグ機能一覧

機能名称 内容 操作ウィンドウ
プログラムダウンロード ユーザプログラムをターゲットのRAMにダウンロードします。 メイン
ソースリスト表示 プログラムをC/アセンブリ/C+アセンブリ混在で表示します。 ソース
関数リストの表示 関数のリストをツリー表示します。 ファンクション
作業環境の読込/保存 ブレークポイント等の現在の作業環境を保存、読込みます。 メイン
ユーザプログラムの実行/停止 ユーザプログラムの実行/停止を行います。 メイン
ステップ実行 ユーザプログラムをステップ実行させます。 メイン
ハードウェアリセット ターゲットボードにリセット信号を出力し、プログラムカウンタをユーザプログラムの先頭にします。 メイン
ブレークポイント設定 ブレークポイントを指定し任意の点でプログラムを停止させます。ソース上とシンボルで指定可能です。 ソース・ブレーク
外部トリガブレーク設定 ターゲット側からの信号による外部トリガブレークが指定可能です。 メイン
レジスタ表示 レジスタの内容を表示します。 レジスタ
レジスタ書込 レジスタを任意の値に書き換えます。 レジスタ
メモリ編集 ターゲット上のメモリ内容を表示、編集します。サイズ、表示形式、シンボル指定が可能です。 メモリ
メモリ設定 ターゲット上のメモリ内容を任意の値に書き換えます。アドレス指定とシンボル指定が可能です。 メイン
関数呼出表示 関数の呼出階層を表示します。 コールスタック
ウォッチ 指定された変数をウォッチします。 メイン
ペリフェラルレジスタ表示 CPUのペリフェラルレジスタの値の表示、編集が行えます。 ペリフェラル
分岐トレース ブレーク直前の分岐情報を表示します。 分岐トレース
ログ表示 操作及びターゲット間の通信のログを表示します。 ログ

便利な機能

ペリフェラルレジスタの表示、変更が可能

ペリフェラルウィンドウは、接続しているターゲットボードのペリフェラルレジスタ(周辺レジスタ)の 表示・変更を行うことができます。レジスタ名、レジスタの値、レジスタアドレスが表示されますので必要なレジスタを見つけやすく、また、ビット単位での表示・変更ができるので、わかり易く、 容易に操作することができます。
※一部非対応のCPUがあります。

分岐情報からプログラムの経路の確認が可能

ブランチトレースウィンドウに、動作したプログラムの分岐情報が表示されます。
本機能により、プログラムがどの経路で実行されたか確認することができます。

XrossFinder Evo CPU対応表

シリーズ CPU ボード製品名 対応
SH-2 SH-2 SH7047 AP-SH2F-5A
SH7083
SH7084
SH7085 AP-SH2F-10A
SH7086
SH7136 AP-SH2F-11A
SH7137 AP-SH2F-12A
SH7145 AP-SH2F-6A
SH7144 AP-SH2F-7A
SH7146 AP-SH2F-8A
SH7149 AP-SH2F-9A
SH7606
SH/Tiny SH7124
SH7125 STK-7125
SH7125
デバッグMCU
SH-2A SH7201
SH7203
SH7205 AP-SH2AD-0A
SH7206
SH7211 AP-SH2A-0A
SH7214
SH7216 AP-SH2A-4A
SH7237
SH7239
SH7243
SH7254R
SH7261
SH7262
SH7263 AP-SH2A-1A
SH7264 AP-SH2A-5A
SH7265
SH7266
SH7267
SH7268
SH7269 AP-SH2A-6A
SH726A
SH726B
SH7285
SH7286 AP-SH2A-2A
SH7670 AP-SH2A-3A
SH7671
SH-Ether SH7619 μST-SH2
シリーズ CPU ボード製品名 対応
SH-3 SH7705
SH7706
SH7709A AP-SH3-1A
SH7709S AP-SH3-2A
SH7710
SH7712
SH7721
SH7727 AP-SH3D-2A
SH7729 AP-SH3D-0A
SH7729R AP-SH3D-1A
SH-4 SH-4 SH7750 AP-SH4-0A
SH7750S
SH7750R AP-SH4-1A
MS104-SH4
SH7751
SH7751R
SH7760
SH-4A SH7724
SH7730 AP-SH4A-1A
SH7450
SH7451
SH7734 AP-SH4A-4A
SH7763 AP-SH4A-2A
SH7764 MS104-SH4AG
SH7780 AP-SH4A-0A
SH7785 AP-SH4A-3A
SH7786 AP-SH4AD-0A

XrossFinder CPU対応表

シリーズ CPU ボード製品名 対応
SH-2 SH-2 SH7047 AP-SH2F-5A
SH7083
SH7084
SH7085 AP-SH2F-10A
SH7086
SH7136 AP-SH2F-11A
SH7137 AP-SH2F-12A
SH7145 AP-SH2F-6A
SH7144 AP-SH2F-7A
SH7146 AP-SH2F-8A
SH7149 AP-SH2F-9A
SH7606
SH/Tiny SH7124
SH7125 STK-7125
SH7125
デバッグMCU
SH-2A SH7201
SH7203
SH7205 AP-SH2AD-0A
SH7206
SH7211 AP-SH2A-0A
SH7214
SH7216 AP-SH2A-4A
SH7237
SH7239
SH7243
SH7254R
SH7261
SH7262
SH7263 AP-SH2A-1A
SH7264 AP-SH2A-5A
SH7265
SH7266
SH7267
SH7268
SH7269 AP-SH2A-6A
SH726A
SH726B
SH7285
SH7286 AP-SH2A-2A
SH7670 AP-SH2A-3A
SH7671
SH-Ether SH7619 μST-SH2
シリーズ CPU ボード製品名 対応
SH-3 SH7705
SH7706
SH7709A AP-SH3-1A
SH7709S AP-SH3-2A
SH7710
SH7712
SH7721
SH7727 AP-SH3D-2A
SH7729 AP-SH3D-0A
SH7729R AP-SH3D-1A
SH-4 SH-4 SH7750 AP-SH4-0A
SH7750S
SH7750R AP-SH4-1A
MS104-SH4※1
SH7751
SH7751R
SH7760
SH-4A SH7724
SH7730 AP-SH4A-1A
SH7450
SH7451
SH7734 AP-SH4A-4A
SH7763 AP-SH4A-2A
SH7764 MS104-SH4AG※1
SH7780 AP-SH4A-0A
SH7785 AP-SH4A-3A
SH7786 AP-SH4AD-0A

仕様

対応OS Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 (32bit/64bit)
対応CPU SuperH RISC engineファミリ SH-2、SH-2A、SH-2A Dual、SH-3、SH-4、SH-4A、SH-4A Multi
対応コンパイラ SuperH RISC Engine C/C++コンパイラ (バージョン6以降) GNU-C/C++コンパイラ(KPIT GNUSH推奨)
上記コンパイラのELF/DWARF形式にのみ対応
対応フラッシュメモリ 1,000種類以上に対応※2(フラッシュメモリ書込みは、別途「FlashWriter EX」が必要になります。)

ダウンロード

ご注意ご使用の前にご確認ください。

  1. 弊社Webサイトより取得可能なサンプルプログラムは無償で提供されるものであり、あくまで評価用途です。
    弊社がこの動作を保証するものではありません。サンプルプログラムを使用する場合、適切な環境でご使用下さい。
  2. 弊社は、使用に起因する損害、第三者の権利を侵害に関し、いかなる責任も負いません。
    本プログラムの使用、若しくは機能から生じるすべての損害は、ご使用になるお客様の負担となります。
  3. サンプルプログラムの仕様変更およびその他いかなる理由においても、弊社は、サンプルプログラムの誤り、機能不全または欠陥を修正する義務を負いません。
  4. サンプルプログラムに関するお問い合わせは、お受けできません。
    ただし機能不全等があった場合には、【メールフォーム】よりご一報ください。可能な範囲でご回答します。
  5. ご使用の前に必ず、【サンプルプログラム使用規約】への同意をお願いします。
    本規約に同意されない限り、プログラムを使用することはできません。
マニュアル・ドキュメント バージョン 更新日
XsSight ユーザーズ・マニュアル 1.6 2018/03/20
XsSight Linuxアプリケーションデバッグ説明書 1.0 2010/07/14
AN802 H-UDIコネクタ接続例 2.4 2016/01/07
AN804 XsSight ユーザーズマニュアル補足(Dual Core 編) 1.0 2010/07/14
インストーラ バージョン 更新日
アップデート方法&変更履歴 - -
コントロールソフトウェア 2.0.0.9 2018/03/20
コマンドファイル バージョン 更新日
弊社CPUボード用サンプルコマンドファイル - 2011/02/24

ご購入