2021年06月22日

SMARC2.1準拠システムオンモジュール
「αSMARC-RZ/G2E」を発売

株式会社アルファプロジェクト(本社:静岡県浜松市 代表取締役 伊達隆昭)は、ルネサス エレクトロニクス社のRZファミリ「RZ/G2E」を搭載したSMARC2.1準拠システムオンモジュール「αSMARC-RZ/G2E」を6月22日に発売開始いたします。

システムオンモジュール(SoM)とは、コンピュータの基本構成であるCPU、メモリ、電源回路などを集積し、モジュール化したボードです。今回発売する「αSMARC-RZ/G2E」は、国内のボードメーカーとしては初のSMARC規格に準拠した製品となります。SMARC(Smart Mobility ARChitecture)とは、組込み技術の標準化団体SGeTで策定されたSoMの共通規格で、欧州を中心に普及が拡大しています。

αSMARC-RZ/G2Eは、64bit対応 Arm® Cortex® -A53デュアルコアをベースに3Dグラフィックスエンジンを内蔵し、Full HD対応ビデオデコーダのほか、USB3.0、PCI Express、Gigabit Ethernet、MIPI® CSI-2など高速インタフェースを備えています。また、動作温度は-20℃~60℃に対応し、高性能と高信頼性を兼ね備えています。
標準OSはLinuxを採用しており、産業向けHMI機器や画像処理機器などの用途に最適です。

αSMARC-RZ/G2Eを利用することで、複雑なCPU周辺の設計は不要となるため、ユーザーは比較的容易なインタフェース部の設計に集中することができ、低開発コスト、市場投入期間の短縮を実現することができます。
また共通規格であるSMARCに準拠しているので、その高い互換性によりモジュールの変更が容易で、アプリケーションに合わせたスケーラブルなシステムを構築できます。

今回、導入・評価用として、αSMARC-RZ/G2E に評価用キャリアボード「αSMARC-EVB1」とLinuxBSP(Board Support Package)をセットにした開発キット「αSMARC-RZ/G2E-KIT」も同時に発売します。

SGeT(Standardization Group for Embedded Technologies)

特長

  • Arm v8アーキテクチャ64bit対応「RZ/G2E」搭載

    Arm Cortex-A53 デュアルコア 1.2GHz
    3Dグラフィックアクセラレータ PowerVR® GE8300
    Full HDビデオエンコード/デコードに対応

  • 大容量メモリを搭載

    eMMC 8GByte
    DDR3L SDRAM 1GByte

  • 高速インタフェース機能

    USB3.0、PCI Express、Gigabit Ethernet、MIPI CSI-2など

  • SMARC2.1準拠

    SoM共通規格「SMARC2.1」に準拠

  • 標準OSにCIP Linuxを採用

    社会インフラ向けの長期サポートLinuxを採用

  • キャリアボードを提供

    開発・評価用途のほか、設計リファレンスとしても利用可能

αSMARC-RZ/G2E製品写真

αSMARC-RZ/G2E

基板寸法:82x50mm(コネクタ、突起物除く)

αSMARC-RZ/G2E
αSMARC-EVB1

製品情報 : https://www.apnet.co.jp/product/rza/smarc-evb1.html

αSMARC-RZ/G2E-KIT

製品情報 : https://www.apnet.co.jp/product/rza/smarc-rzg2e-kit.html

  • αSMARC-EVB1製品写真

    SMARC規格準拠キャリアボード「αSMARC-EVB1」

    基板寸法:200×120mm(コネクタ、突起物除く)

本件に関するお問い合わせ

  • ※ArmおよびCortexは、米国および/またはその他の地域におけるArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。
  • ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ※記載の内容は改良のため、予告なく変更する場合がございます。