2020年05月15日

産業用イーサネットのスレーブ機器に最適なボードコンピュータ
「AP-RX72M-0A」を発売

株式会社アルファプロジェクト(本社:静岡県浜松市 代表取締役 伊達隆昭)は、ルネサス エレクトロニクス社のRXファミリ「RX72M」を搭載した組込みボードコンピュータ「AP-RX72M-0A」を5月21日に発売いたします。

本製品は、最新の32ビットCPUコア「RXv3」とEtherCAT®をはじめ主要な産業イーサネットに対応する通信機能を搭載し、小型産業用ロボットのモータ制御、PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)、リモートI/Oなど、産業用イーサネットのスレーブ機器の開発に最適なボードコンピュータです。

昨今、製造業を中心にインダストリー4.0(第4次産業革命)などで推進されるスマートファクトリーでは、設備と管理システムをネットワークで結び、稼働状況や品質情報などあらゆる情報をデータ化して、リアルタイムで収集、分析を行い、生産の効率化に活用しています。
これらのネットワークは、一般的なイーサネットとは異なり、堅牢で低遅延の産業用イーサネットで構築されます。しかし、産業用イーサネットは様々な規格が存在し、専用のソフトウェアやハードウェアが必要で、システム構成も異なるため、産業用イーサネット対応機器の開発の障壁となっています。

今回発売する「AP-RX72M-0A」に搭載される「RX72M」は、「EtherCATスレーブコントローラ」など各種産業イーサネット通信機能のほか、CANやUARTなどの通信インタフェースやモータ制御機能などを備えており、さまざまな産業用ネットワーク機器を、効率的でコンパクトに構成することができます。また、主要な産業イーサネット通信とフィールドバス通信に対応したサンプルプログラムが提供されますので、開発期間の短縮と開発コストの低減が可能です。

また、「AP-RX72M-0A」の発売と合わせ、ボードと開発環境(コンパイラ・デバッガ)をセットにした「RX72M開発キット(RX72M-RXC)」も発売いたします。RXファミリを初めて導入される方に最適です。

※ 当社はEtherCAT Technology Group(ETG)に加盟しています。

EtherCAT Technology Group ロゴマーク

特長

  • RX700 RXv3コア採用「RX72M」搭載
    RX72M 動作周波数 240MHz
    産業イーサネット通信用「EtherCATスレーブコントローラ」を内蔵
    RX初、倍精度FPU(浮動小数点演算ユニット)を内蔵
    最大120MHzの読み出し動作が可能な高速フラッシュメモリを内蔵
    モータ制御の高速化に役立つ三角関数演算機を内蔵
  • 大容量メモリ搭載
    内蔵FlashROM 4MByte
    内蔵SRAM 1MByte
    SDRAM 16MByte
  • 豊富なインタフェース搭載
    Ethernet×2(EtherCAT対応)、USB、microSD、CAN、シリアル(UART) I/Fほか
  • 無線LANインタフェース搭載
    当社製 無線LANモジュール「WM-RP-10」対応
    当社製 Bluetoothモジュール「BT-RL-01」対応
  • 外部拡張が容易
    外部接続用コネクタへ必要な信号線を引き出してあります。
  • 回路図・サンプルプログラムを提供
    開発作業へスムーズに着手いただけるとともに、教育や研修用に最適です。

AP-RX72M-0A製品写真

AP-RX72M-0A外観

AP-RX72M-0A
RX72M開発キット
  • AP-RX72M-0A製品写真

    AP-RX72M-0A 表面

  • AP-RX72M-0A製品写真

    AP-RX72M-0A 裏面

基板サイズ:100×80mm(コネクタ、突起物を除く)

本件に関するお問い合わせ

  • ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。