インテリジェント コンパクトフラッシュリーダ/ライタ

CFD-20SC

(ケースタイプ) 

¥37,800(税抜)

販売終了品

CFD-20SF

(フレームタイプ)

¥34,800(税抜)

販売終了品

新規購入をお考えのお客様は、「CFD-30S」をご検討ください。

CFD-20SはDOS互換ファイルシステムを搭載したコンパクトフラッシュ専用リーダ/ライタです。従来品「CFD-10S」にくらべ、CF Type2規格への対応やFAT32ファイルシステムの搭載など、機能を大幅に強化しました。

インタフェースにはRS-232(EIA-574)を採用し、シリアル通信ポートを備えた機器やマイコンに簡単に接続できます。

小ロット製品でファイルシステムを組込む余裕がない場合や、既存の機器にコンパクトフラッシュリード/ライト機能を付加したい場合などに最適です。また、機器開発期間の短縮にも有効です

CFD-20S

特長

バージョンアップデータは弊社ホームページより提供されます。

主な用途

仕様

対応カード Type1/Type2 コンパクトフラッシュカードおよびマイクロドライブ 4M~1Gbyte
(2003年12月現在 確認済みCF-CARD)
コマンドモード キャラクタコマンドモード/バイナリコマンドモード
I/F 調歩同期シリアル (RS-232、TTL(SFタイプのみ))
使用信号線 RxD/TxD/CTS/RTS/GND
2400 / 4800 / 9600 / 19200 / 38400 / 57600 / 115200 / 230400 bps
日付/時間 専用時計IC (スーパーキャパシタにより、電源OFF後 最大約170時間保持)
表示 パワーLED、CARD検出LED、アクセスLED、通信LED
各種設定 DIP-SW 8ビット
コネクタ RS-232 (D-Sub9pinオス)
TTLコネクタ (CFD-20SFのみ)
電源ジャック (ACアダプタ専用)
CFカードスロット Type2 1スロット
CF-Explorer Windows®95/98/Me/NT4.0/2000/XP 対応
電源 DC5V ±5%
動作環境 -10~60℃ (結露なし)
消費電流 MAX 60mA(待機時、CFカード未挿入)
寸法 75(W)×100(D)×30(H)mm、約210g (CFD-20SC)
105(W)×87.2(D)×35(H)mm、約120g (CFD-20SF)
ケーブル、突起物除く
付属品 マニュアルディスク、ユーティリティディスク、D-Sub 9Pinケーブル
ACアダプタ 入力:AC100~120V 50/60Hz 0.3A、出力:DC5V 2.3A

ファイルシステム仕様

対応FAT DOS互換(FAT12/FAT16/FAT32)、ロングファイルネーム対応(VFAT対応)
同時ファイルオープン数 2
最大ファイルサイズ 論理上 2Gバイト
ワイルドカード 一部コマンドのみ対応
ディレクトリ構造 対応
日本語対応 Shift-JIS

コマンド一覧

コマンド コマンド番号 内容
vl 81h ディスクボリューム名の取得/変更
dk 82h 総ディスク容量と残り容量の取得
ci 83h カード情報(CIS)の取得
fm 84h カードのフォーマット systemコマンド
tm 85h 時刻の設定、または時刻の取得
dt 86h 日付の設定、または日付の取得
fl 91h ファイルリストを取得する
cp 92h ファイル複写
dl 93h ファイル削除
rn 94h ファイル名変更
sa 95h ファイル属性変更
ga 96h ファイル属性取得
cd 98h ディレクトリ変更
md 99h ディレクトリ作成
dd 9ah ディレクトリ削除
wd 9bh 現在のワークディレクトリ取得
op a1h ファイル1オープン
cl a2h ファイル1クローズ
rd a3h ファイル1の読み込み
wr a4h ファイル1の書き込み
sk a5h ファイルポインタ1の移動
lc a6h 現在のファイルポインタ1の取得
op2 a7h ファイル2オープン
cl2 a8h ファイル2クローズ
rd2 a9h ファイル2の読み込み
wr2 aah ファイル2の書き込み
sk2 abh ファイルポインタ2の移動
lc2 ach 現在のファイルポインタ2の取得
su b0h CFD-20Sのリセット
vr b1h CFD-20Sのファームウェアバージョンの取得
st b2h ステータス情報の取得
sl b3h スリープ命令
nak 15h 再送要求
error c0h~ffh エラー応答メッセージ

DOS互換ファイルシステムとは

Windows®パソコンで読み書きが可能なファイルのフォーマットを一般的にDOS互換フォーマットと呼びます。
DOS互換ファイルシステムとは、これらのファイルを扱うことのできるソフトウェアやハードウェアのことを示し、CFD-20Sで作成されたファイルはWindows®パソコンで読み書きができます。
また、その逆にWindows®パソコンで作成されたファイルをCFD-20Sで読み書きすることもできます。

パソコン上でコンパクトフラッシュを読み書きするには、市販のコンパクトフラッシュリーダ/ライタ等が必要になります。

ダウンロード

バージョンアップ情報 パスワード バージョン 更新日
ファームウェア (CFD-20S / CFD-21S 共通) - 1.07 2009/05/12
history.txt - - -

ご購入

販売終了品