仮想COMポートソフトウェア

TCP-VSP

¥7,800(税抜)

TCP-VSPは、ネットワーク上のTCP/IPポートを仮想COMポートとして扱えるようにする常駐型アプリケーションです。

TCP-VSPを使用すれば、TCP/IPポートを通常のCOMポートとして扱うことができるため、ソケット通信プログラムの知識を学ぶ必要がありません。

また、ezTCPシリーズなどのプロトコルコンバータと組み合わせて使用すれば、PCのCOMポートアプリケーションからプロトコルコンバータを透過的なCOMポートとして扱うことができるため、RS-232等で構築された既存のシステムをソフトウェアの変更なしにネットワーク化することができます。

仮想COMポートソフトウェア「TCP-VSP 評価版」無償配布中

ご購入をご検討のお客様は、ぜひご利用ください。

TCP-VSP画面
拡大画像

特長

仕様

対応OS Windows® XP/7/10
COMポート数 最大256(COM1~256) すでにハードウェア機器で使用されているCOMポートには割当てできません。
ボーレート 制限なし(実際の通信はTCP/IPでおこなわれるため)
データビット長 7, 8
パリティビット なし, 偶数, 奇数
ストップビット 1, 2
フロー制御 RTS/CTS, XON/XOFF
その他 Winsock Version2.0を使用
OpenSSL 1.0.2tを使用

ダウンロード

マニュアル・ドキュメント バージョン 更新日
TCP-VSP 取扱説明書 5.3 2020/03/13
AN404 TCP-VSP XON/XOFF制御についての注意 2.0 2008/04/21
AN410 TCP-VSP マルチプロセッサでの使用について 2.0 2008/04/21
AN411 TCP-VSP 連続Open/Closeの不具合状況 2.0 2008/04/21
TCP-VSP 評価版ダウンロード バージョン 更新日
TCP-VSP 評価版 インストールと機能制限に関して - -
TCP-VSP 評価版 ダウンロード 1.50 2020/03/16

TCP-VSPは、使用するアプリケーションや動作環境(他にインストールされているアプリケーションの影響など)により正常に機能しない場合があります。購入前に、評価版による十分なご検討をおすすめいたします。

TCP-VSP インストーラ バージョン 更新日
TCP-VSP インストール方法 - -
TCP-VSP インストーラ 1.50 2020/03/16

ご購入