HOME >製品情報 >SuperH >PC/104準拠ボード >MS104-SH4
PC/104準拠 SH-4 CPUボード

MS104-SH4

¥39,800 (税別)
LinuxPC/104RS-232Cドライバ搭載H-UDIコネクタ装備FlashWriterEX対応XrossFinder対応XrossFinder Evo対応RoHS対応

MS104-SH4は、SuperH SH7750R(ルネサス エレクトロニクス株式会社製)を搭載したCPUボードです。標準OSにLinuxを採用しているため、高度な組込みアプリケーションを容易に構築することができます。

また、PC/104標準バスに準拠しているので、各社のPC/104周辺ボードを利用することができ、拡張性に優れています。

■開発キットをご用意
MS104-SH4でのLinuxシステム開発に必要なものがすべてセットになっていますので、すぐに開発に取りかかることができます。

MS104-SH4 Linux開発キット Linux-KIT-A03保守品

※MS104-SH4 Linux開発キット「Linux-KIT-A03」にデバッグ環境は付属しておりません。
  ■ デバッグ環境・フラッシュ書込みツール
XrossFinderXrossFinder EvoFlashWriter EX が利用できます。

XrossFinder EvoXsSightオプション「XST-OP-L01」を組合わせることで Linuxのデバッグに対応します。 詳細はXsSight Linuxアプリケーションデバッグ説明書を参照してください。

おしらせ
組込みシステム実践入門 μITRON(TOPPERS/JSP)ポーティングの全工程を解説、体験!!

MS104-SH4をより有効に活用する方法を一冊にまとめた、「組込みシステム実践入門」(カットシステム版)が出版されました。
主にMS104-SH4を利用したToppers/JSPの組込み方法等が解説されており、より簡単に作業できるようCD-ROMを付属しています。本書は全国の書店ほか、Amazon等のインターネットショップにてお求めいただけます。

また、MS104-SH4でネットワークを利用するためのTCP/IPプロトコルスタックを公開中です。


書名 『組込みシステム実践入門 − μITRON4.0準拠』
出版 株式会社カットシステム
著者 スペースソフト 田中典翁
ISBN 978-4-87783-188-2

MS104-SH4が、CQ出版社発行の「Interface 2005年11月号 "RedBootのダウンロードからボードへの実装まで"」に掲載されました。

・記事執筆者の中村憲一様が代表を務める「アップウィンドテクノロジー社

特長

仕様

CPU SH7750R
クロック 235.9296MHz (19.6608MHz水晶振動子)
メモリ FlashROM 16MByte (16bit幅)
SDRAM 32MByte (32bit幅)
周辺ロジック EPM7128A (Altera)
LAN 10/100BASE-T 1ポート
LAN91C111(SMSC)
CompactFlash Type1(3.3V) 1スロット
メモリ、I/Oカードモード 活線挿抜対応
カレンダタイマ 専用IC 電気二重層コンデンサにてバックアップ
シリアルI/F EIA-232ドライバ搭載 2ポート 最大 921.6Kbps
パラレルI/O I/Oポート 8本
拡張バス PC/104バス配列準拠(一部非サポート)
H-UDI/JTAG H-UDIコネクタ(14pin)
基板サイズ 95.9×90.2mm (コネクタ、突起物を除く)
電源 DC5V ±5%(オプション DC -5V / +12V / -12V) 回路電圧 DC3.3V
付属品 PC/104コネクタ 64pin/40pin 各1個(未実装)、D-Sub 9pin変換ケーブル 2本、スペーサー4本、電源ハーネス 1本 
本製品にはソフトウェアは付属しておりません。別途MS104-SH4Linux開発キット「Linux-KIT-A03」を別途お求めください。

ダウンロード

マニュアル・ドキュメント バージョン 更新日
MS104-SH4 ハードウェアマニュアル 12.0 2011/11/21
AN336 TOPPERS/JSPネットワークの使用方法 1.0 2009/04/20
リセット IC 変更のお知らせ 1.0 2012/07/09
MS104-SH4 ESD保護強化に伴う基板改版のお知らせ 1.0 2016/11/22

自社サイト資料

製品ご購入後に公開される情報

回路図 パスワード バージョン 更新日
MS104-SH4 回路図 1.7 2016/11/30
CPLD HDLプログラム パスワード バージョン 更新日
CPLD HDLプログラム 1.2 2005/01/20

パスワードが必要なデータについて

  1. パスワード

    1

    購入製品の添付紙面よりパスワードをご確認ください。

  2. ダウンロード

    2

    公開情報一覧から必要な項目をクリックし、圧縮ファイルをダウンロードします。

  3. 解凍イメージ

    3

    圧縮ファイルを解凍する際、「1」に記載のパスワードをご入力ください。

製品をご購入済みで、パスワードが見つからないお客様

ユーザ登録を行っていない場合  お手数ですが、必ず【ユーザ登録】を行った後、下記メールフォームよりご連絡ください。

ユーザ登録がお済みの場合    お手数ですが、【メールフォーム】よりご連絡をお願いいたします。

なお、お問い合わせの際は「製品名」「シリアルナンバー」が必要となります。

ご購入