HOME >展示会出展情報 >ET2011 - Embedded Technology 2011/組込み総合技術展 : 出展内容案内

ET2012 - Embedded Technology 2012/組込み総合技術展

ET2012 - Embedded Technology 2012/組込み総合技術展は次世代デジタル家電、携帯端末、カーエレクトロニクス、ロボット、各種産業用機器などの最先端テクノロジーに欠かせない組込み技術とソリューションが集結された専門技術展示会です。
弊社では、新製品のRX63N搭載ボード、無線LAN製品、従来製品の応用事例のなどデモンストレーションを交え展示予定です。皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

【ET2012 概要】

展示会名  ET2012 - Embedded Technology 2012/組込み総合技術展
会期  2012年11月14日(水曜日)〜11月16日(金曜日) 10時〜17時
会場  パシフィコ横浜(地図
主催  社団法人組込みシステム技術協会(JASA)


【ブースのご案内】

ブース番号:E-08   会場のMAP図はこちら >> 


【出展予定製品】

  • Texas Instruments社製 Sitaraシリーズ ARM9コア AM1707 CPUボード
    XG-1707
  • 【新製品】
    TI社製 マイクロプロセッサ Sitaraシリーズ ARM9コア「AM1707」を搭載したCPUボードです。

    標準OSにLinuxを採用し、小型基板にEthernet、USB、RS232等の汎用インタフェースを備え、コストパフォーマンスにも優れたバリューモデルです。

    展示方法:CPUボード+無線LAN動作デモ
  •  
    Texas Instruments社製 Sitaraシリーズ ARM9コア AM1808 CPUボード
    XG-1808
  • 【新製品】
    TI社製 マイクロプロセッサ Sitaraシリーズ ARM9コア「AM1808」を搭載したCPUボードです。

    標準OSにLinuxを採用し、Ethernet、USB、UARTのほか、SATA、MicroSD、LCDコントローラなど多彩なインタフェース、機能を搭載しています。さらにマルチタッチLCD(LCD-KIT-B01)に対応し、簡単にGUIシステムを構築できます。

    展示方法:ボード展示

  • Texas Instruments社製 Sitaraシリーズ Cortex-A8コア AM3517 CPUボード
    XG-3517
  • 【新製品】
    TI社 マイクロプロセッサ Sitaraシリーズ Cortex-A8コア「AM3517」を搭載したCPUボードです。

    標準OSにLinuxとAndroidを採用し、内蔵グラフィックスアクセラレータ PowerVRとマルチタッチLCD (LCD-KIT-B01)の組み合わせにより、表現力豊かなGUIシステムを構築することができます。

    展示方法:ボード展示

  • Texas Instruments社製 DaVinciシリーズ Cortex-A8コア DM3730 CPUボード
    XG-3730
  • 【新製品】
    TI社製 DaVinciデジタルメディアプロセッサ ARM Cortex-A8コア「DM3730」を搭載したCPUボードです。

    標準OSにLinuxとAndroidを採用し、最大1GHzのCPUコアとC64x+ DSPコアにより、HDビデオなどの映像処理や大容量信号処理に性能を発揮します。また、内蔵グラフィックスアクセラレータ PowerVRとマルチタッチLCD(LCD-KIT-B01)の組み合わせにより、表現力豊かなGUIシステムを構築することができます。

    展示方法:ボード展示

  • Texas Instruments社製 DaVinciシリーズ C64x+ DSPコア DM647 DSPボード
    XG-D647
  • 【新製品】
    TI社製 DaVinciデジタルメディアプロセッサC64x+ DSPコア「TMS320DM647」を搭載したDSPボードです。

    デジタルメディア処理に特化されたこのモデルは、高性能DSPと柔軟なビデオポート機能により、複数のビデオストリーミングを同時処理することが可能です。さらに、ギガビットイーサを搭載しており、動画などの大容量データの高速伝送に性能を発揮します。

    展示方法:ボード展示

 


  • RENESAS SuperH SH7269搭載CPUボード
    AP-SH2A-6A
  • 【新製品】
    SH7269(SH-2A)を搭載した高性能RISC CPUボードです。

    動作周波数240MHz。大容量FlashROMとビデオ入力、LAN、CAN、USB、シリアルインタフェース等を備えています。さらに拡張モジュールとしてLCDキット(LCD-KIT-B01/C01)や無線LANモジュール(WM-RPシリーズ)に対応しています。また、SH7269がもつ2Dグラフィックスアクセラレータ等の機能評価、各種試作や小ロット製品への適用など幅広い対応が可能です。

    展示方法:動作デモ

  • RENESAS SuperH SH7734搭載CPUボード
    AP-SH4A-4A
  • 【新製品】
    SH7734(SH-4A)を搭載した高性能RISC CPUボードです。

    動作周波数533MHz。大容量FlashROMとビデオ入力、LAN、CAN、USB、シリアルインタフェース等を備えています。高精細画像表示とGigabit Ethernetに対応している為、SH7734のもつ2Dグラフィックアクセラレータ、ディスプレイユニット等、画像処理システムの評価に最適です。


    展示方法:動作デモ
  •  

 


  • RENESAS RX63N搭載CPUボード
    AP-RX63N-0A
  • 【新製品】
    RX62Nを搭載した高性能・低消費電力 CPUボードです。

    動作周波数96MHz。大容量メモリ、豊富な通信機能に加え、LCDインタフェースを搭載していますので、小型の表示器として使用することができます。また、オプションで無線LANアダプタを搭載できます。

    展示方法:動作デモ
  •  
    •  

     

    無線LANアダプタ
    PC-WiFi-01

  • 【新製品】
    PC-WiFi-01は、IEEE802.11.b/g/nに準拠した無線LANアダプタです。

    アルファボードのシリアルインタフェースに接続することで簡単に無線LAN機能を追加することができます。また、TCP/IPプロトコルスタックや無線LANドライバなどのソフトウェアを内蔵しておりますので、開発コストと開発期間を最小限に抑えることが可能です。


    展示方法:ボード展示

  • 無線LANモジュール
    WM-RPシリーズ
  • 【新製品】
    WM-RPシリーズは、IEEE802.11.b/g/nに準拠した無線LANモジュールです。

    用途に合わせ内部アンテナ/外部アンテナ、TCP/IPプロトコル搭載/非搭載、UART/SPIインタフェースの組み合わせを選べるラインナップをご用意しています。
    弊社対応ボードとはSPIコネクタにスタッキング接続することで簡単に無線LAN機能を追加することができます。


    展示方法:ボード展示

 


  • シリアルインタフェース⇔無線LANコンバータ
    CSW-H85K
  • 【新製品】
    CSW-H85Kは、マイコンや既存の機器のシリアルポートを無線LANに変換するインテリジェントプロトコルコンバータです。

    CSW-H85Kには無線LAN通信とイーサネット通信に必要な機能が搭載されていますので、RS232機器のシリアルインタフェースにCSW-H85Kを接続することで、RS232機器を無線LANに対応させることができます。


    展示方法:展示デモ
 

 

【本件に関するお問い合わせ】

展示会前のお問い合わせは「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

展示会場では弊社説明員が常駐しておりますので、お気軽にお問い合わせください。