HOME >技術コラム >XrossFinder for MS104-SH4 を利用したデバッグ

2009/01/14更新
1. はじめに

MS104-SH4専用オンボードFlashROM書き込みツール「FlashWriterEX for MS104-SH4」、MS104-SH4専用デバッグツール「XrossFinder for MS104-SH4」を無償公開します。
H-UDIアダプタを使用することで、MS104-SH4のFlashへの書き込み、デバッグが可能になります。


2. 準備

1. H-UDIアダプタの製作
 
FlashWriterEX for MS104-SH4、XrossFinder for MS104-SH4を使用するためには、H-UDIとPCのプリンタポートを接続するためのインタフェースアダプタを用意する必要があります。

H-UDIアダプタにつきましては、アプリケーションノート「AN330 H-UDIアダプタの製作」を参照してください。こちらのアプリケーションノートでは、ユニバーサル基板、電子パーツ取扱店などで容易に入手可能な部品を使用してH-UDIアダプタ基板を製作する手順を紹介しています。

2. FlashWriterEX for MS104-SH4、XrossFinder for MS104-SH4、パラレルポートドライバのダウンロード
 
FlashWriterEX for MS104-SH4、XrossFinder for MS104-SH4は以下のリンクからダウンロード可能です。
(パラレルポートドライバはFlashWriterEX for MS104-SH4、XrossFinder for MS104-SH4のいずれかをインストールすると自動でインストールされます。)

・FlashWriterEX for MS104-SH4のダウンロード
・XrossFinder for MS104-SH4のダウンロード


3. 使用方法

FlashWriterEX for MS104-SH4、XrossFinder for MS104-SH4のインストール方法、使用方法につきましては、「AN331 FlashWriterEX for MS104-SH4の使い方」、「AN332 XrossFinder for MS104-SH4の使い方」をご覧下さい。


4. 参考書籍

本技術コラムの内容が「組み込みシステム実践入門 - μITRON4.0準拠(カットシステム社出版)」に紹介されています。



5. 使用許諾

免責
 
その請求原因の如何を問わず、「FlashWriterEX for MS104-SH4」、「XrossFinder for MS104-SH4」の利用または使用に関連して生じた一切の損害(逸失利益、機密情報若しくはその他の情報の喪失、事業の中断を含む)について、当社ではその責任は負わず、また損害賠償責任は負いません。
「FlashWriterEX for MS104-SH4」、「XrossFinder for MS104-SH4」は、何等の保証なく提供され、明示、黙示、または法律上の保証であると否と問わず「FlashWriterEX for MS104-SH4」、「XrossFinder for MS104-SH4」について、瑕疵がないこと、特定目的に対する適合性、ウィルスの不存性、応答の的確性、使用結果の如何を含めて、一切の保証を行いません。
技術サポート、およびリリースアップ等のサービスを提供しません。

再配布について
 
本ソフトウェアの一部または全部を二次利用可能な形式で再配布することを禁止します。

著作権について
 
本ソフトウェアの著作権は株式会社アルファプロジェクトが保有しています。