HOME >技術コラム >KPIT Cummins GCCの使い方@

2006/02/22更新
1. HEWを使用してのプログラム作成方法

1.1 概要


HEW を使用してプログラムの作成するための手順を説明します。
なお、説明を行う開発環境は以下のようになっています

ターゲット :弊社 CPUボード AP-SH2F-6A (CPU:SH7145F)
コンパイラ :KPIT GCC ELF Ver6.01 (デフォルトフォルダにインストール)
HEW :Ver 4.00 (デフォルトフォルダにインストール)


1.2 プロジェクト雛型の作成


HEWを使用してプロジェクトの雛型を作成します。


 @ HEWの起動
 スタートメニューから「Hitachi Embedded Workshop」を選択してHEWを起動します


 ⇒
起動


 A 「ようこそ!」というタイトルのダイアログが開くので「新規プロジェクトワークスペースの作成」を選択、OK をクリックします




 B 「新規プロジェクトワークスペース」ダイアログが開きますので、「ディレクトリ」にプロジェクトを展開するフォルダを指定します


フォルダを C:\sample に指定


 C 「ワークスペース名」にプロジェクト名の指定を行い、OK をクリックします
 このとき、コンパイラが複数インストールされている場合には、「ツールチェイン」に使用するコンパイラを選択します


プロジェクト名を sh2f_6a に指定


 D Next をクリックします




 E CPU type に使用する CPU の種類を選択し、Next をクリックします


 SH2⇒SH7145Fを選択


 F Endian type でエンディアンを選択し、Next をクリックします


 ビッグエンディアンを選択


 G Finish をクリックします




 H OK をクリックします




以上でプロジェクトの雛型が作成されます。




次にソースファイルの作成・編集を行います。




Prev <   > Next