HOME >展示会出展情報 >ET2013 - Embedded Technology 2013/組込み総合技術展 : 出展内容案内

ET2013 - Embedded Technology 2013/組込み総合技術展

当社は、11月20日(水)〜22日(金)に開催される、ET2013 組込み総合技術展に出展します。
今回の展示では、3つカテゴリで新製品のご紹介をデモンストレーションを交えて展示いたします。
 

● ARM CPUボード&Linux開発環境

・ルネサスエレクトロニクス社製「RZ/A1H」搭載CPUボード
・TI社製 ARM9/Cortex-A8 搭載CPUボード
・Linux&Android開発環境 など
M2M
・WiFiモジュール
・Bluetoothモジュール
・インテリジェント プロトコルコンバータ など
SH・RX CPUボード&開発環境
・ルネサスエレクトロニクス社製 SH搭載CPUボード
・SH開発環境
・RX搭載CPUボード など

【ET2013 概要】

展示会名  ET2013 - Embedded Technology 2013/組込み総合技術展
会期  2012年11月20日(水曜日)〜11月22日(金曜日) 10時〜17時
会場  パシフィコ横浜(地図
主催  社団法人組込みシステム技術協会(JASA)


【ブースのご案内】

ブース番号:E-21   会場MAPはこちら >> 

 

【展示内容】

ARM CPUボード&Linux開発環境
    ARM Cortex-A9コア RZ/A1Hを搭載したCPUボードの
AP-RZA-01の動作展示デモを行います。


<デモンストレーション内容>
 VDC5を利用したビデオキャプチャと描画
  

AP-RZA-0A製品ページ
   
   
   
    BeagleBone Blackをベースとした機能拡張用ボード
XG-BBEXTおよびARM Cortex-A8コア AM3517/DM3730を
搭載したCPUボードのXGシリーズの動作展示デモを行います。


<デモンストレーション内容>
 Android4.2 評価プラットフォーム
  

<デモンストレーション内容>
 PC用LCDを利用したAndroid端末「XG-3730」
  

 QtとOpenGLによる3Dグラフィック表示「XG-3517」
  

XGシリーズ製品ページ
 


Linux開発環境

 

Android開発環境
   
   
     
M2M
    PHPoCインタプリタを内蔵したプログラマブルマルチ
ファンクションプロトコルコンバータの動作デモのほか、
無線LAN、Bluetoothなど
【あらゆるシーンで「つながる」当社のM2Mラインナップ】を
ご紹介します。


<デモンストレーション内容>
 温度センサの情報をBluetoothで送信
  

   マイコンからスマートフォンとBluetoothで簡単通信
  

 Android端末から有線でLEDを制御
  ⇒

 LED表示機をwebブラウザから制御
  

Bluetoothモジュール/アダプタ製品ページ
Wifiモジュール/アダプタ製品ページ

ezTCPシリーズ製品ページ
 

   
SH・RX CPUボード&開発環境
    SH・RX CPUのボードの動作展示デモの他、
SH開発環境の展示デモを行います。


<デモンストレーション内容>
 OpeenVGを利用した高速描画
  

 PC不要のスタンドアロンFlash書き込み
  

 高速ダウンロードを実現したSuperHのデバッグ
  

 LCDダイレクトドライブを使ったLCD表示
  

 RXを使用したモーター、センサ、I/O制御
  


 

 
SuperH搭載CPUボード製品ページ
XrossFinderEvo製品ページ
RX搭載 CPUボード製品ページ

 
   
 

 パートナー企業ブース

   
ルネサスエレクトロニクス社 日本テキサス・インスツルメンツ社 アーム社
 
 



【本件に関するお問い合わせ】

展示会前のお問い合わせは「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

展示会場では弊社説明員が常駐しておりますので、お気軽にお問い合わせください。