HOME >展示会出展情報 >ET2010 - Embedded Technology 2010/組込み総合技術展 : 出展内容案内

ET2010 - Embedded Technology 2010/組込み総合技術展

ET2010 - Embedded Technology 2010/組込み総合技術展は次世代デジタル家電、携帯端末、カーエレクトロニクス、ロボット、各種産業用機器などの
最先端テクノロジーに欠かせない組込み技術とソリューションが集結された専門技術展示会です。
弊社では、新製品や従来製品の応用事例の展示の他、RX搭載CPUボード発売キャンペーンを実施いたします。皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

【ET2010 概要】

展示会名  ET2010 - Embedded Technology 2010/組込み総合技術展
会期  2010年12月1日(水曜日)〜12月3日(金曜日) 10時〜17時
会場  パシフィコ横浜(地図
主催  社団法人組込みシステム技術協会(JASA)


【ブースのご案内】

ブース番号:D-01   会場のMAP図はこちら >> 


【出展予定製品】

  • RENESAS RX600シリーズ RX62T搭載 CPUボード
    AP-RX62T-0A    RX CPUボードプレゼントキャンペーン実施!!
     詳しくはキャンペーン詳細ページを参照
  • 【新製品】
    RX62Tを搭載した高性能・低消費電力 CPUボードです。

    動作周波数96MHz。内蔵FlashROM256KByte、内蔵RAM16KByteのR5F562TAADFPを搭載。RX62Tの特長であるモータ制御に適した多機能タイマと全20chのA/D変換器(12bit/10chと10bit/12ch)、CANインタフェースを80×40mmの小型基板上に実装してあります。
    モーター制御やインバータ制御のほか、さまざまな分野の小規模組み込み制御用途に適しています。

    展示方法:ボード展示

  • RENESAS RX600シリーズ RX62N搭載 CPUボード

    AP-RX62N-0A
  • 【新製品】
    RX62Nを搭載した高性能・低消費電力 CPUボードです。

    動作周波数96MHz。内蔵FlashROM512KByte、内蔵RAM96KByteのR5F562N8BDFPを搭載。8chのA/D変換器と1chのD/A変換器のほか、RX62Nの特長である豊富な通信インタフェース(Ethernet、USB2.0 Host/Function、CAN)を80×60mmの基板上に実装してあります。
    様々な通信機能を必要とする組み込み機器の制御に適しています。

    展示方法:ボード展示

  • RENESAS SuperH対応 マルチファンクションデバッガ
    XrossFinder Evo
  • 【新製品】
    「XrossFinder Evo」は、ルネサスSuperHファミリに対応したマルチファンクションJTAGデバッガライタです。

    高速ダウンロード、組込みLinuxのデバッグ機能など、大規模、複雑化するソフトウェア環境のデバッグに余裕で対応します。また、カラー有機ELディスプレイを搭載し、単体での動作(フラッシュメモリ書込み機能等)も可能です。これら最新機能を、常識を超えたコストパフォーマンスで提供します。

    展示方法:デバッグ動作デモ スタンドアロン動作デモ

  • RENESAS SuperH SH7785搭載 CPUボード
    AP-SH4A-3A
  • 【新製品】
    SH7785(SH-4A)を搭載した高性能RISC CPUボードです。

    動作周波数600MHz。大容量FlashROMと高速DDR2-SDRAMを搭載し、PCIコントローラ、DVIディスプレイ出力、Ethernetインタフェースを備えています。

    Linuxにも対応し、BSPが公開されています。

    展示方法:ボード展示

  • RENESAS SuperH SH7786搭載 CPUボード

    AP-SH4AD-0A
  • 【新製品】
    SH7786(SH-4A Multi)を搭載した高性能RISC CPUボードです。

    動作周波数533MHz。大容量FlashROMと最新の高速SDRAM規格であるDDR3-SDRAMを搭載し、PCI Expressバスコントローラ、DVIディスプレイ出力、USB、Ethernetインタフェースを備えています。
    PCI Expressバスコントローラはルートポート(x4カードスロット)とエンドポイント(x1カードエッジ)を備えているので、PCI Expressの評価ボードとしてもご活用いただけます。

    Linuxにも対応し、BSPが公開されています。

    展示方法:ボード展示

  • RENESAS SuperH SH7216搭載 CPUボード

    AP-SH2A-4A
  • 【新製品】
    SH7216(SH-2A)を搭載した高性能RISC CPUボードです。

    動作周波数200MHz。大容量のSDRAMを搭載し、SH7216の特長である豊富な通信インタフェース(Ethernet、USB、CAN)を基板上に装備してあります。
    SH7216には12bit 8chのA/D変換器や豊富なタイマユニットも搭載されていますので、様々なアプリケーションに対応します。SH-2Aならではの小型・低価格な評価ボードとしてご活用いただけます。

    展示方法:ボード展示

  • RENESAS SuperH SH7764搭載 PC-104準拠ボード

    MS104-SH4AG + MS104-LCD/AUDIO
  • SH7764(SH-4A) を搭載した、PC/104準拠のCPUボードです。

    動作周波数324MHz。大容量FlashROMと高速SDRAMを搭載し、PC/104バス、Ethernet、USB、LCD、CF/SD/MMCスロットなど、多様な機能を搭載しているため、幅広い分野に対応します。
    MS104-LCD/AUDIOと組み合わせることで、タッチパネル入力、画像表示、音声入出力を容易に増設できます。また、PC/104規格に準拠していますので、PC/104バスを使った拡張も可能です。
    システム開発に必要なものがすべてセットになったLinux開発キットを用意しています。

    展示方法:動作デモ

  • USBマルチJTAGアダプタ

    HJ-LINK/USB
  • PCとUSBで接続可能なマルチJTAGアダプタです。

    H-UDI、ALTERA JTAG、Xilinx JTAG、ARM JTAGなどの様々なJTAGインタフェースに対応しています。弊社提供のデバックコントロールソフトウェアやフリーソフトウェアを使用することで、CPUデバッグやFPGA/CPLDのダウンロードアダプタとして利用できます。

    インタフェース誌2010年6月号にて、付属SH-2A基板用デバッガとして記事掲載されました。

    展示方法:ボード展示
  •  

【本件に関するお問い合わせ】

展示会前のお問い合わせは「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

展示会場では弊社説明員が常駐しておりますので、お気軽にお問い合わせください。